イメージ画像

保育園で働く看護師の仕事内容とは

看護師の職場は病院やクリニックだけではありません。介護施設や福祉施設など看護師が活躍する場所は多くあります。その中の1つにあるのが保育園です。保育園に看護師がいることが意外、と感じる方もいるかもしれません。では、保育園で働く看護師さんはどのような仕事をしているのでしょうか。

保育園での看護師の仕事は、園児の健康管理や衛生管理、園児のけがや病気への対応、病院への付き添い、健康診断・歯科検診のサポート、病後児保育の対応や園児の心のケア、保護者への衛生指導や疾病予防の指導などがあります。

これらは、基本的な業務で実際には、保育園児の健康を守るための行動や業務は看護師の仕事となります。では、保育園での看護師の1日はどのようなスケジュールなのでしょうか。0歳児保育のモデルケースを見ていきましょう。

朝、8時過ぎ頃にミーティングがあります。保育士との連絡事項の確認し、けがや体調の悪い子の情報を共有また、病欠児の有無の確認、注意事項の確認を行います。

9時半頃、園児の健康状態を観察しながら授乳やおむつの交換を行います。業務に余裕があるときは園児と一緒に遊んだり、保育士の補助を行います。その後の10時40分頃は園児たちの沐浴です。肌の様子を確認しながら汗や汚れをきれいにしてあげます。

12時半、園児たちがお昼寝をしている間に昼食と休憩を取ります。その後、書類の作成や連絡帳の記入、園内の衛生状態の点検、救急箱の点検、保護者への連絡などの業務を行います。お昼寝が終わったらバイタルチェックやおむつ交換、授乳を行います。

15時半、保育業務の補助を行うときに園児の健康状態の確認や衛生指導羊毛の作成などの事務仕事を行い16時半ころ退勤となります。

保育園で働く看護師は、各施設に1名勤務が基本です。そのため、非常に多くの業務を一人でこなしていかなければいけません。しかし、子供が好きな看護師にとっては、働きがいのある職場でもあります。

このページの先頭へ